WELLBEING MAGAZINE

最新研究から見るコーチングの未来:これが次世代人材育成法

コラム

記事掲載日:2023年5月17日 
最終更新日:2023年6月19日

コーチングは、自己啓発から組織開発まで多岐にわたり、近年注目を集めています。この記事では、最新の研究をもとに、コーチングの未来と次世代の人材育成法について考察します。

コーチングの現状と未来への挑戦

まずは現状のコーチングを理解することから始めましょう。現在のコーチングは、一対一で行われることが一般的ですが、これからの時代には、さらなる進化が求められています。

デジタル化の進展

デジタル化の波は、コーチングの領域にも押し寄せています。アプリやAIを用いたコーチングツールが登場し、個々のニーズに合わせたパーソナライズされたコーチングが可能になりつつあります。

しかし、デジタル化には課題も存在します。人間のコミュニケーションは非言語的な要素も含むため、テクノロジーがそれを完全に補完することは難しいです。これらの課題を克服し、より効果的なデジタルコーチングを提供することが、未来のコーチングに求められる課題となります。

未来のコーチング:次世代人材育成法

未来のコーチングは、これまでの個別指導から一歩進んだ、組織全体を巻き込むアプローチが求められます。次世代の人材育成法として期待されているのは、「組織全体のコーチング文化の構築」と「データドリブンなコーチング」です。

組織全体のコーチング文化の構築

未来のコーチングでは、組織全体のコーチング文化の構築が重要となります。これは、一部のリーダーやマネージャーだけがコーチングスキルを持つのではなく、組織全体でコーチングの考え方やスキルを共有し、活用することを指します。

実際、Googleでは「Project Oxygen」により、マネージャーだけでなく全従業員がコーチングスキルを身につけることを推奨し、組織全体のコーチング文化の構築を進めています。その結果、従業員の満足度とパフォーマンスが大幅に向上したと報告されています。このようなアプローチは、未来のコーチングの重要な要素となります。

参考:Project Oxygen
海外トップ企業のコーチング事例紹介!成功の秘訣を探る

データドリブンなコーチング

また、データドリブンなコーチングも次世代の人材育成法として注目されています。AIやビッグデータの活用により、個々のコーチングセッションから得られる情報を分析し、それを次のコーチングに活かすことで、より効果的なコーチングを提供することが可能となります。

例えば、IBMでは、AIコーチングツール「Watson Career Coach」を導入し、従業員のキャリア開発を支援しています。このツールは、従業員のパフォーマンスデータやキャリア目標を分析し、個々に最適なキャリアアドバイスを提供します。これにより、個々の従業員に対するパーソナライズされたコーチングが可能となり、人材の成長と組織のパフォーマンス向上に寄与しています。

出典:Watson Career Coach
https://www.ibm.com/docs/en/SSYKAV?topic=version-welcome-watson-career-coach-trial

データドリブンなコーチングでは、さまざまな種類のデータが活用されます。これらのデータは主に、コーチングの対象者のパフォーマンス、行動、反応、そしてフィードバックから収集されます。具体的には、以下のようなデータが利用されることがあります。

パフォーマンスデータ
業績評価の結果、プロジェクトの達成度、営業成績など、対象者の仕事の成果を示すデータです。これらのデータを分析することで、強みや弱み、改善が必要なエリアを明確にすることができます。

行動データ
コミュニケーションスタイル、リーダーシップスタイル、問題解決スキルなど、対象者の行動パターンを示すデータです。これらのデータを分析することで、コーチングの焦点とする行動やスキルを特定することができます。

フィードバックデータ
360度フィードバックやピアレビューなど、対象者が他者から受け取ったフィードバックのデータです。これらのデータを分析することで、対象者が自覚していない弱点や他者の視点から見た強みを理解することができます。

これらのデータを活用する際には、AIや機械学習の技術が役立ちます。これらの技術を用いることで、大量のデータを高速に分析し、パターンを抽出することが可能となります。その結果、コーチは対象者に対してよりパーソナライズされたコーチングを提供することができます。

コーチングの未来はテクノロジーと共に

デジタル化とAIの進化は、コーチングの可能性を大いに広げています。最新のテクノロジーを活用したコーチングは、従来の人間だけによるコーチングでは実現し得なかった新たな視点と可能性をもたらします。

テクノロジーによるコーチングの進化

例えば、AIを活用したコーチングツールは、大量のデータをリアルタイムに分析し、パーソナライズされたフィードバックを提供することが可能です。これにより、対象者は自己理解を深め、自己改善のための具体的なアクションを見つけることができます。

また、テクノロジーを活用することで、コーチングはよりアクセスしやすく、手頃なものとなります。ビデオ通話やチャットツールを使った遠隔コーチングにより、場所や時間の制約を超えて、より多くの人々が質の高いコーチングを受けられるようになります。

デジタル化とコーチングの融合

デジタル化はコーチングのプロセス自体も進化させています。例えば、コーチングセッションの内容をデジタル化することで、対象者は過去のセッションを振り返り、学びを深めることができます。また、デジタルツールを活用してコーチングの進行を管理することで、コーチングのプロセスをより透明性のあるものにし、対象者のエンゲージメントを高めることができます。

さらに、最新のテクノロジーを活用したコーチングは、組織全体の人材開発にも寄与します。従業員のパフォーマンスデータやフィードバックデータを分析することで、組織全体の強みと弱点、改善が必要なエリアを明確にし、それに基づいた組織全体の人材開発戦略を立てることが可能となります

コーチングの未来への道筋

これまで見てきたように、未来のコーチングは、デジタル化と組織全体のコーチング文化の構築、データドリブンなアプローチが求められます。これらは次世代の人材育成法として、ますます重要となるでしょう。

しかし、新たなアプローチを導入する際には、その有効性や影響を正確に評価することも重要です。これには、データ分析やフィードバックの収集、そしてそれらの情報を活用した改善が求められます。

以上、最新研究から見るコーチングの未来と次世代の人材育成法について考察しました。コーチングは絶えず進化し続ける分野です。その最前線を追い続けることで、我々は人材育成の新たな可能性を広げることができます。

今後、最新の研究や技術をもとに、コーチングの可能性をさらに広げていきましょう。このような新たな取り組みを通じて、コーチングは、個人の自己啓発だけでなく、組織全体のパフォーマンス向上にも大きく貢献できることでしょう。

また、このような新しい取り組みは、コーチ自身も常に学び続け、自身のスキルを磨く必要があることを示しています。コーチとして、または人事として、最新の研究や技術を活用し、コーチングの可能性を最大限に引き出すために、新たな学びの旅を始めてみてはいかがでしょうか。

私たちはこれからも最新の情報を提供し、皆さんの学びのサポートをしていきます。次世代の人材育成法を一緒に探求し、成長し続けていきましょう。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究について発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!