MetaMentor

PrivacyPolicy

プライバシーポリシー

株式会社メタメンター(以下「当社」といいます。)は、当社のお取引先様(以下「お取引先様」)、当社サービスのご利用者様(以下「ご利用者様」)、当社にサービスや取材などのお問い合わせをされたお客様(以下「お客様」)など、皆さまの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報の定義)
本ポリシーでは個人情報保護法にいう「個人情報」を適用対象とします。具体的には次のとおりです。
  • ①当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等(文書、図画若しくは電磁的記録(電磁的方式(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式をいう。)で作られる記録をいう。以下同じ。)に記載され、若しくは記録され、又は音声、動作その他の方法を用いて表された一切の事項(個人識別符号を除く。)をいう。)により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものを含みます。)
  • ②個人識別符号が含まれるもの。ここにいう個人識別符号とは、当該情報単体から特定の個人を識別することができるものとして政令に定められた文字、番号、記号その他の符号をいいます。保険証の被保険者番号などが該当しますが、これに限りません。
第2条(個人情報の収集方法)
1.当社は、あらかじめ皆さまの個人情報の利用目的を定めて周知するとともに、利用目的の達成に必要な範囲で適性かつ公正な方法にて取得・利用します。また、個人情報保護法に定める場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、収集した個人情報を利用目的以外には使用せず、利用目的を達成した後は当該個人情報を遅滞なく消去するよう努めます。

2.当社が皆さまから取得する個人情報の内容は次のとおりです。

  • ①氏名
  • ②メールアドレス
  • ③当社サービスの利用に必要なパスワード
  • ④性別
  • ⑤年齢
  • ⑥所属先(会社名、部署名)
  • ⑦その他サービス内で指定する情報

3.当社に対する前各号の情報の提供は、皆さまの任意によるものとします。ただし、ご提供いただかないことにより、当社の提供するサービスのご利用、当社からのご連絡等の全部又は一部に支障を生じることがあります。

第3条(利用目的)
当社が個人情報を取得・利用する目的は、以下のとおりです。
  • ①当社によるサービスの提供および運営ならびにサービス向上・改善、新しいサービス開発のため
  • ②お取引先様、ご利用者様及びお客様からのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含みます。)
  • ③ご利用者様が利用中のサービスの新機能、更新情報、キャンペーン等、当社が提供する他のサービス、当社が実施するイベントのご案内(メール等当社任意の方法によります。)を送付するため
  • ④メンテナンス、重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
  • ⑤利用規約に違反したご利用者様や、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするご利用者様、お客様の特定をし、ご利用をお断りするため
  • ⑥ご利用者様やお客様にご自身の登録情報の閲覧や変更、削除、ご利用状況の閲覧を行っていただくため
  • ⑦有料サービスにおいて、ご利用者様に利用料金を請求するため
  • ⑧上記の利用目的に関連する業務遂行のため
第4条 個人情報の管理体制
1.当社は本ポリシーに従い個人情報の管理責任者を置いて適切に管理します。

2.当社は、保有する個人情報に関し、基本方針の策定、取扱いに関する規律、取扱者の限定、外部からの不正アクセスを遮断する仕組みの採用など合理的な安全措置をとることによって、不正アクセス、改ざん、遺漏等を防止し、そのために必要かつ適切なセキュリティ対策をとるよう努めます。また、個人情報の取扱を委託する場合においては、受託先において、必要かつ適切な取扱がなされるよう監督いたします。

第5条 個人情報の第三者提供等

1.ご本人から承諾を得た場合、個人情報保護法その他の法令等に基づく場合、または次のいずれかに該当する場合を除き、当社が皆さまの個人情報を第三者に提供することはありません。

  • ①人の生命、身体、または財産の保護のために個人データの第三者提供が必要である場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
  • ②公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を取ることが困難である場合
  • ③国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
  • ④有料サービス利用等に伴うクレジットカード等の決済手続きに際してご利用者様の銀行口座やクレジットカード等の正当性を金融機関、カード会社等に確認する場合
  • 2.ご本人から承諾を得た場合、または個人情報保護法で認められている場合を除き、個人情報を海外の第三者に提供することはありません。

    3.以下の各号に該当する個人情報の提供は、個人情報保護法上も第三者提供に該当せず、したがって、本ポリシーにおいても第三者提供としては取り扱いません。

    • ①当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
    • ②合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
    • ③個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめご本人に通知し、またはご本人が容易に知り得る状態に置いた場合

    4.第三者提供に際してご本人の承諾を得る場合、当社は提供先、提供する個人情報の内容を明示して、承諾を得るものとします。

第6条 個人情報の開示、訂正、追加、苦情の申し出

1.当社が保有する個人情報に関するお問い合わせや個人情報の開示、訂正のご請求については、下記記載の相談窓口まで、お名前、連絡先、その他当社が指定する情報を漏れなくご入力のうえ、お問い合わせ内容欄に【個人情報に関する問い合わせ】との表題、問い合わせの対象とする個人情報の内容を明記いただき、同意して送信ボタンを押下してご連絡ください。お電話、書類のご郵送及び直接来社されてのご請求は受け付けておりません。また1回につき、手数料として金1000円及び必要に応じた振込手数料のご負担をお願いしております。振込先口座、振込期限等は当社からの返信の際にご連絡いたしますので、メールアドレス等必須事項の入力漏れにご注意ください。

【ご連絡窓口】
当社ホームページの「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。
株式会社メタメンター  個人情報管理責任者 小泉 領雄南

2.次の場合には、開示のご請求に応じられません。この場合は、開示できない理由と共にお客様から通知頂いた連絡先にこちらから通知をさせていただきます。

  • •ご請求をいただいたご本人の確認ができないか、代理権の存在が確認できない場合。
  • •当社にて、開示のご請求にかかる個人データを保有していない場合。
  • •ご本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合。
  • •当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合。
  • •他の法令に違反する場合。
  • 3.苦情の受付窓口
    当社の個人情報の取扱に関する苦情等については、①記載の連絡窓口宛にお願いいたします。なお、当社は現在認定個人情報保護団体に属しておりません。

第7条 個人情報の訂正、利用停止等
当社が保有する個人情報に関し、訂正、追加、削除、利用停止、消去、第三者提供の停止の申し出があった場合、以下のとおり対処いたします。

1.当社は、ご本人から、ご本人の個人情報の内容の訂正、追加及び削除(以下、総称して「訂正等」といいます。)を求められた場合には、請求者がご本人であるかどうかも含め、遅滞なく必要な調査を行います。

2.前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、当社は遅滞なく、当該個人情報の訂正等を行います。

3.当社は、前項の規定に基づき訂正等を行った場合、または行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをご本人に通知します。

4.当社は、ご本人から以下の各号のいずれかを根拠としてご本人の個人情報の利用停止、又は消去(以下、総称して「利用停止等」といいます)を求められた場合、請求者がご本人であるかどうかも含め、遅滞なく必要な調査を行います。

  • ①当社が公表した利用目的の範囲を超えて個人情報が取り扱われていること
  • ②個人情報の取得が偽りその他不適切な手段により行われたこと
  • ③当社が利用する必要がなくなったこと

5.前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、当社は遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。

6.当社は、前項の規定に基づき利用停止等を行った場合、または行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをご本人に通知します。

7.当社は、ご本人から以下の各号のいずれかを根拠としてご本人の個人情報の第三者提供の停止(以下「第三者提供停止」といいます)を求められた場合、請求者がご本人であるかどうかも含め、遅滞なく必要な調査を行います。

  • ①同意のない第三者提供であること
  • ②漏洩等が生じたこと
  • ③ご本人の権利又は正当な利益が害されるおそれがあること

8.前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、当社は遅滞なく、当該個人情報の第三者提供停止を行います。

9.当社は、前項の規定に基づき第三者提供停止を行った場合、または行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをご本人に通知します。

10.前各項にかかわらず、利用停止等及び第三者提供停止に多額の費用を有する場合その他利用停止等及び第三者提供停止を行うことが困難な場合であって、ご本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合、当社はこの代替策を講じるものとします。

第8条 利用目的、本ポリシー等の変更
1.利用目的を変更した場合は、変更後の利用目的についてお客さま本人に通知しあるいは本ポリシーに掲載する方法等で公表いたします。

2.本ポリシーは社会情勢、技術の進化、法令上の要請その他の事由により事前にお客様に予告、通知することなく変更することがあります。変更後の本ポリシーの効力は、当社が別途定める場合を除いて、当社が管理するウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

第9条 その他
1.ご利用者様が当社サービスをご利用するにあたってご登録いただいているメールアドレスの管理には十分にご注意ください。これらの不正使用による損害(金銭的損害のほか、不正ログイン等によるご利用者様の個人情報の閲覧、漏洩等も含みます。)については、その不正使用が当社の責めに帰すべき事由によって生じたものでない限り、当社は一切の責任を負いません。

2.当社は、当社のお取引先様、ご利用者様、お客様のいずれについても日本国内に在住する法人または個人の方を予定しております。そのため、GDPR(EUデータ保護指令)には対応しておりません。

以 上