WELLBEING MAGAZINE

ACTの力で変わるリーダーシップ:他者理解と共感の新次元へ

コラム

記事掲載日:2023年8月18日 
最終更新日:2024年3月28日

ACTとは?深い理解のための心のツール

ACTの基本原理とリーダーシップへの応用

ACT(Acceptance and Commitment Therapy)は、心理的柔軟性を高めることを目的とした現代の認知行動療法の一形態です。ACTは、個人が自分自身の価値に基づいて行動する能力を高め、困難な思いや状況を効果的に処理する方法を提供します。

リーダーシップの文脈では、ACTは、リーダーが危機やストレスの状況下でも、自分の価値に基づいて行動し続ける能力を強化するための訓練として利用されます。ACTの訓練(ACTraining)は、作業のパフォーマンスとイノベーションを向上させ、作業のストレスとエラーを減少させる効果があるとされています。

現代ビジネスにおけるACTの重要性

現代のビジネス環境は、急速な変化と高いストレスが常態化しています。このような環境下で、リーダーは自分自身とチームの心理的健康を維持しながら、組織の価値と目標に従って効果的に行動する能力が求められます。

ACTは、リーダーが自分の思考や感情といったプライベートなイベントを受け入れ、それらに対して柔軟に対処する方法を学ぶためのフレームワークを提供します。これにより、リーダーは、困難な状況下でも価値に基づいて行動し続け、組織のビジョンに向かって進む力を高めることができます。

ACTのコアプロセスは以下の6つから成り立っています:

アクセプタンス(Acceptance):自分の感情や思考をそのまま受け入れる。

脱フュージョン(Cognitive defusion):思考を文字通りの真実として受け取らず、ただの思考として扱う。

文脈としての自己(Self-as-Context):自己を一連の経験から切り離して観察する。

「今、この瞬間」との接触(Contact with the Present Moment):「今、この瞬間」に完全に接触し、状況が提供するものに基づいて行動する。

価値(Values):自分自身の真の価値を明確にし、それに基づいて行動する。

コミットされた行為(Committed Action):価値に基づいて具体的な行動を取る。

これらのプロセスは、リーダーが危機やストレスの状況下で効果的に行動するための心のツールとして機能します。

例えば、リーダーが自身のストレスや不安を受容し、それを客観的に観察する能力(アクセプタンスと文脈としての自己)を高めることで、冷静かつ効果的な判断を下すことが可能になります。また、自分自身の価値を明確にし(価値)、それに基づいてチームや組織の方針を設定し(コミットされた行為)、現在の状況に集中して効果的な行動を取る(「今、この瞬間」との接触)ことが、リーダーの効果的な行動の基盤となります。

これにより、リーダーは、困難な状況下でも価値に基づいて行動し続け、組織のビジョンに向かって進む力を高めることができます。これは組織全体の生産性や士気の向上、そして持続可能な成長に寄与する重要な要素となります。

他者への共感を増幅させるACTのテクニック

ACTにおける“共感の3ステップ”

自己への共感: ACTは、自己受容と現在の経験への開かれた態度を強調します。自分自身に対して共感的であることは、他者に対しても共感的でいる基盤を築く第一歩です。

現在の経験への開放: ACTは、現在の経験、特に苦痛のある経験を開かれた心で受け入れることを強調します。これにより、他者の苦痛に対しても敏感で共感的になれます。

価値に基づく行為: ACTは、自分の価値に基づいて行動することを重視します。他者に対する共感も、一つの重要な価値となり得ます。この価値に基づいて行動することで、共感はより具体的な支援や行動につながります。

共感を通じて生まれる組織の変化

組織文化の改善: 共感的なコミュニケーションは、組織内の信頼とオープンな対話を奨励します。これにより、より協力的で健康的な職場環境が形成されます。

従業員のウェルビーングの向上: リーダーが共感的であると、従業員は自分が理解され、尊重されていると感じます。これは、従業員のストレスの軽減とウェルビーングの向上に寄与します。

組織のパフォーマンスの向上: 共感は、チームの連携を強化し、創造的な問題解決を促進します。これにより、組織全体の効率と生産性が向上する可能性があります。

この情報は一般的なACTの原則と共感の向上に関する指針に基づいています。ACTのテクニックは、心理療法のコンテキストでよく使用されますが、これらの原則はリーダーシップや組織のコンテキストでも有用であるとされています。

ACTリーダーシップ実践のための具体的な戦略とツール

日常の業務にACTを組み込む方法

ACT(Acceptance and Commitment Therapy)の原則を日常の業務に組み込むためには、自身の価値や目標に基づいて行動することが重要です。具体的には、自分自身の価値を明確にし、それに基づいた行動を設定し、それにコミットする練習を行います。これにより、日常の業務における判断や行動が、自身の価値に基づいたものとなり、より効果的なリーダーシップを発揮することが可能になります。

ACTの核心的な練習とその効果

ACTの核心的な練習には、自己観察、価値の明確化、コミットメントの強化などがあります。これらの練習を行うことで、自身の感情や考えを客観的に観察し、それに対して適切に対処する能力が高まります。これにより、ストレスや困難な状況に対しても、冷静かつ効果的に対処することが可能となり、リーダーシップの質が向上します。

ACTを学ぶためのリソースとトレーニングプログラム

ACTを学ぶためのリソースには、専門の書籍やオンラインコース、セミナーなどがあります。これらのリソースを利用することで、ACTの理論や練習方法を深く理解し、それを日常の業務に取り入れるスキルを磨くことができます。

ACT実践時の多くの人が陥る誤解とその解決策

ACTを実践する際に陥りやすい誤解として、自分の感情や考えを変えることが目的であると考える点があります。しかし、ACTの目的は、感情や考えを変えることではなく、それらを受け入れて、それに対してコミットメントを持つことです。この誤解を解消するためには、ACTの理論を深く理解し、継続的な練習を行うことが重要です。

ACTを用いたリーダーシップの強化

ACTの原則を活用したエグゼクティブコーチング

エグゼクティブコーチングは、組織のトップリーダーが自身のパフォーマンスを最大化するための一対一の支援を提供するプロセスです。ACTの原則は、このコーチングプロセスにおいて重要な役割を果たします。ACTは、リーダーが自身の価値と目標に基づいて行動する能力を高め、困難な状況やストレスに対処するための心理的なスキルを開発するのに役立ちます。

  1. 自己認識の強化:
    • ACTはリーダーに、自身の感情や思考パターンを明確に理解し、それらに対する自己認識を高める手法を提供します。これにより、リーダーは自身の行動とその結果についてより明確な理解を持つことができます。
  2. 価値に基づく行動:
    • ACTのコーチングは、リーダーが自身の深い価値を明確にし、それに基づいて行動する力を育むことを目指します。これにより、リーダーは困難な決断を下す際にも、自身の価値と整合性のある行動を取ることができます。
  3. 心理的な柔軟性:
    • ACTは心理的な柔軟性を高めることを重視します。これにより、リーダーは変化する状況に対して適応し、効果的な対処法を見つける能力を高めます。

チームビルディングとACTの融合

チームビルディングは、チームメンバー間の信頼と協力を深め、チームの生産性と効果性を向上させるプロセスです。ACTの原則をチームビルディングに組み込むことで、より効果的な結果を生み出すことが可能です。

  1. 共感とオープンなコミュニケーション:
    • ACTの原則は、チームメンバーが互いの感情や考えを理解し、受け入れる能力を高めます。これにより、チーム内でのオープンで誠実なコミュニケーションが促進されます。
  2. 共有された価値とビジョン:
    • ACTを用いたチームビルディングは、チームメンバーが共有の価値とビジョンを明確にし、それに基づいて協力して行動する文化を築くのに役立ちます。
  3. ストレスとコンフリクトの管理:
    • ACTのテクニックは、チームメンバーがストレスやコンフリクトに効果的に対処する方法を学ぶのに役立ちます。これにより、チームの健康と安定性が維持され、生産性が向上します。

ACTリーダーシップの未来と、あなたへのステップ

未来のビジネス環境でのACTの役割

未来のビジネス環境は、急速なテクノロジーの進化、多様な働き方、グローバルな競争、持続可能な経営へのシフトなど、多くの変化が予測されます。このような環境下で、ACTの原則は、リーダーシップの新しい形を創出し、組織と個人がより健康で生産的な方法で働くのを支援する重要な役割を果たすでしょう。

心の柔軟性の強化: 未来のビジネスは変化が激しく、リーダーは新しい状況に迅速に適応する能力が求められます。ACTは心の柔軟性を高め、困難な状況でも価値に基づいて行動する力を育むための枠組みを提供します。

持続可能な働き方の推進: ACTの原則は、個人が自分自身の健康と幸福を重視する働き方を選ぶのを支援します。これは、長期的には組織の生産性と持続可能性にも寄与します。

多様なチームの統合: グローバルなビジネス環境では、多様なバックグラウンドを持つ人々と効果的に協働する能力が重要です。ACTは、他者の視点を理解し、共感を深める方法を提供し、これによりチームの協調性と生産性が向上します。

ACTリーダーシップを始めるためのステップ

ACTリーダーシップを実践するためには、以下のステップが考えられます。

自己理解の深化: ACTリーダーシップは、自己の価値や信念に基づく行動を重視します。まず、自分自身の価値や目標を明確に理解することから始めます。

ACTの基本原則の学習: ACTの6つのプロセス(アクセプタンス(Acceptance)、脱フュージョン(Cognitive defusion)、文脈としての自己(Self-as-Context)、「今、この瞬間」との接触(Contact with the Present Moment)、価値(Values)、コミットされた行為(Committed Action))を学び、これらを日常のリーダーシップに組み込む方法を学びます。

専門家からの指導を受ける: ACTを効果的に実践するためには、専門家からのトレーニングやコーチングを受けることが有益です。

継続的な実践とリフレクション: ACTは、一度学んだら終わりではなく、継続的な実践とリフレクションが必要です。日々のリーダーシップの中でACTの原則を実践し、その効果をリフレクションし、改善を重ねていくことが大切です。

組織文化の形成: ACTの原則を組織全体に広め、ACTに基づく文化を形成することも重要なステップです。これには、他のリーダーやメンバーとのコミュニケーションと協働が必要です。

これらのステップは、リーダーがACTの原則に基づいて、より効果的で健康的なリーダーシップを実践するための指針を提供します。未来のビジネス環境は不確実で複雑ですが、ACTリーダーシップはその中で人々が価値に基づいて行動し、持続可能な組織を築くための強力なツールとなるでしょう。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!