WELLBEING MAGAZINE

透明性を促進し、信頼と成長を生む:人的資本開示とコーチングの重要な関係

コラム

記事掲載日:2023年7月31日 
最終更新日:2023年8月4日

人的資本開示とコーチングの連携

現代の組織では、物的資本だけでなく人的資本が極めて重要な資源となっています。人的資本開示とコーチングの連携は、組織の透明性を高め、社員のパフォーマンスと組織全体の成果を向上させる重要な手段となります。

人的資本開示とは何か?

人的資本開示は、組織の人的資源に関する情報を明らかにし、それが組織のパフォーマンスと持続可能性にどのように寄与しているかを内外のステークホルダーに伝える活動のことを指します。人的資本開示には、社員のスキルと知識、組織の研修と育成プログラム、人材の採用と離職率、社員の満足度とモチベーション、そして組織のカルチャーと倫理、規範など、様々な要素が含まれます。

企業の財務報告だけでなく、こうした非財務情報の開示が重要視される背景には、ステークホルダーが組織の短期的な経済的パフォーマンスだけでなく、中長期的な持続可能性にも関心を寄せるようになったという変化があります。人的資本は組織の競争力と成長の源泉であり、その投資と管理についての透明な情報提供は、ステークホルダーの信頼を勝ち得て、組織のリスクを管理し、価値を最大化するために不可欠です。

コーチングが人的資本開示にどのように貢献するか

コーチングは、個々の社員の能力を最大限に引き出し、組織のパフォーマンスを向上させるための有効な手段です。具体的には、コーチングは社員の自己理解を深め、新しい視点や能力を開発し、問題解決のための創造的なアプローチを促進します。

人材管理システムとコーチングが連携することで、その効果はさらに拡大します。人材管理システムを通じて得られた情報を基に、コーチングは個々の社員の成長の可能性とニーズにより的確に対応することができます。また、コーチングの過程と結果は、組織の人的資本管理とその効果を見える化することにつながり、人的資本開示をより具体的で信頼性のあるものにします。

さらに、コーチングは、組織のカルチャーとリーダーシップ、そしてそれが社員のモチベーションとパフォーマンスにどのように影響を与えるかについての深いインサイトを提供します。これは、組織が人的資本の質とその活用の効率を評価し、改善するための重要な情報源となります。

人材管理システムとコーチングの連携は、組織が人的資源を最大限に活用し、持続可能な成長を達成するための鍵となります。これは、人的資本が組織の真の競争力である現代のビジネス環境において、ますます重要になっています。

ここで、コーチングが人的資本開示にどのように貢献するかというと、以下のような観点が考えられます。

  • 社員のパフォーマンスの向上: コーチングは社員の能力を最大限に引き出す手段であり、これにより社員のパフォーマンスが向上します。パフォーマンスの向上は、投資家や顧客にとって企業の人的資本が適切に活用されている証となります。
  • コミュニケーションと信頼関係の強化: コーチングはオープンなコミュニケーションを促進し、社員と組織との信頼関係を強化します。これにより、企業の人的資本の管理に関する情報が正確に開示され、外部ステークホルダーに対する信頼性が向上します。
  • 組織の透明性の向上: コーチングは組織の透明性を高める役割も果たします。コーチングの過程で得られるインサイトや反省を共有することで、企業は組織の強みや弱み、機会やリスクをより具体的に開示することができます。

以上のように、コーチングは人的資本開示の重要なパートナーとなることができます。企業が持続的な競争力を維持し、成長を遂げるためには、これら二つの要素が密接に連携し合うことが必要となります。

人的資本開示とコーチングがもたらす組織への利益

では具体的にどのように組織に対して利益をもたらせていくのかもう少し詳しく見ていきましょう。

信頼の構築とコミュニケーションの強化

人材管理システムは、組織の透明性を高めることで信頼を構築します。社員は、自身のスキルと知識が認識され、評価されていることを理解することで、組織に対する信頼感を増やします。同時に、組織の目標と戦略が明確になることで、社員はその一部としての役割をより明確に把握し、それに対する自身の貢献を理解します。

コーチングは、このプロセスをさらに強化します。コーチングは対話を通じて行われ、社員と管理職の間のコミュニケーションを強化します。これにより、組織の目標と個々の社員の目標が一致し、組織の信頼を深化させることが可能となります。

社員の成長とパフォーマンスの向上

さらには社員の成長とパフォーマンスの向上にも寄与します。人材管理システムにより、組織は社員のスキルと経験を明らかにし、それらがどのように組織全体のパフォーマンスに貢献しているかを理解します。これは、社員の能力開発に対する組織の戦略と投資をガイドする貴重な情報を提供します。

一方、コーチングは社員の成長を直接サポートします。コーチは社員に対して、その能力を最大限に引き出すための支援を提供します。これにより、社員は新たなスキルを獲得し、既存のスキルを強化し、自身のパフォーマンスを向上させることが可能となります。さらに、コーチングは、社員が自身の能力と業績を自己評価し、改善のための具体的な行動計画を立てることを助けます。

人的資本開示によるインパクト

国内外の先進企業による人的資本開示とコーチングの取り組み

人的資本開示は、企業が人材をどのように評価し、その人材をどのように活用しているかを示すものです。これは企業の成長性を判断するための重要な指標となります。PwCコンサルティングが行った調査によれば、欧米を中心にこのトレンドが広がり、人的資本開示や人的資本経営の重要性が急速に高まっています。

例えば、PwCコンサルティングが調査したグローバル大手企業約300社の人的資本指標の開示割合は、2013年から2021年にかけて増加しています。特に、「社員1人当たりの育成コスト」の開示割合が最も顕著に増加しており、これは企業が中長期の事業成長に向けて、最大の経営資本である人材のパフォーマンス最大化を目指していることを示しています。

人的資本開示を成功に導くための具体的な戦略と手法

PwCコンサルティングの調査によれば、「社員1人当たり育成時間」や「女性管理職比率」が企業価値の向上に寄与することが判明しています。これは、企業が新たなスキルや、多様化するニーズへの対応力を獲得していることが、投資家や顧客がその企業に対する企業価値を判断する軸になっていることを示しています。

これらの結果から、以下の3つのエッセンスが提案されています。

  1. 企業の中長期的な成長へと繋がる人的資本取り組みとその開示
  2. 自社独自の成長ストーリーおよびその実現に向けた計画や実績を分かりやすくアピール
  3. 投資家や顧客の心に響く、本質的な人的資本経営・人的資本開示の実現

これらのエッセンスを意識することで、企業は人的資本開示を成功に導き、その結果として企業価値を向上させることができます。

出典:PwC調査「グローバル企業300社への独自調査で見えた「人的資本」が企業価値向上に与えるインパクトと人的資本開示の急速な拡大

人的資本開示とコーチングの未来

人的資本開示とコーチングは、組織の成長と成功を促進するための重要なツールとなっています。しかし、それらの価値は、将来においても増大する可能性があります。ここでは、これからの人的資本開示とコーチングの進化と展望、そしてそれらが持続可能な組織成長にどのように寄与するかについて考察します。

これからの人的資本開示とコーチングの進化と展望

デジタル化とグローバル化が進む今日のビジネス環境では、人的資本の重要性が増しています。これに伴い、組織はますます人的資本開示とコーチングを重視する傾向にあります。

今後、人的資本開示はより詳細で包括的になることが予想されます。具体的なスキル、知識、経験だけでなく、社員のエンゲージメント、幸福度、キャリア目標など、社員の全体像を描く情報が開示される可能性があります。これにより、組織はより良い人材戦略を策定し、社員のエンゲージメントとパフォーマンスを向上させることが可能になるでしょう。

一方、コーチングもまた、進化を続けるでしょう。AIやビッグデータの利用により、コーチングはよりパーソナライズされ、効率的になります。また、仮想リアリティや拡張現実のような新しいテクノロジーも、コーチングのプロセスを変革する可能性があります。

したがって、これからの組織にとって、人的資本開示とコーチングはより重要になるでしょう。コーチングを効果的に利用することで、組織は人的資源を最大限に活用し、持続的な成功を達成することが可能となるでしょう。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!