WELLBEING MAGAZINE

新人の成功への道!コーチング活用で変わるオンボーディング実践法

コラム

記事掲載日:2023年8月10日 
最終更新日:2023年8月10日

新人育成の課題とコーチングの重要性

新人の成功を目指す企業は多い。しかし、新人育成は多くの課題に直面している。その中で、コーチングが持つ力は、これらの課題を解決するカギとなるかもしれない。

現代の新人育成が直面する主な問題点

新人育成のプロセスには、さまざまな問題点がある。現代のビジネス環境の変化により、新人の期待値も変化している。以下はその主な問題点だ。

  • 高い期待とプレッシャー: 新人は短期間で多くのことを学ぶことが求められる。その結果、プレッシャーによるストレスが増加し、早期離職の原因となる場合も。
  • 情報過多: 情報化社会では、新人は多くの情報に触れる機会が増え、必要な情報を選制する能力が求められる。
  • 多様な背景: 現代の新人はさまざまな背景を持つ。文化や価値観、経験の違いが、チーム内でのコミュニケーションを困難にする場合も。

これらの問題点は、新人だけでなく、企業全体の生産性や業績にも影響を与える。

コーチングが新人育成にもたらすポジティブな影響

コーチングの手法を取り入れることで、上記の問題を緩和することが可能だ。具体的なポジティブな影響には以下のようなものがある。

  • 自己認識の向上: コーチングは、新人自身の考えや感じることを深堀りすることを促進する。これにより、自己認識が向上し、自分自身の強みや弱みを理解することができる。
  • ゴール設定能力の強化: コーチングでは、具体的なゴール設定を重視する。新人は自らのキャリアや業務における目標を明確にし、それに向けた行動計画を立てることができるようになる。
  • 問題解決能力の高まり: コーチとの対話を通じて、新人は様々な視点から問題を捉え、解決策を模索する能力を養う。

効果的なコーチングの特徴とは?

成功を収めるコーチングには、特定の特徴がある。それは以下の通り。

  • 相手中心の対話: 効果的なコーチングは、コーチが主導するのではなく、新人自身が考え、行動することを重視する。
  • 具体的なフィードバック: コーチは、新人の行動や考えに対して、具体的かつ建設的なフィードバックを提供する。
  • 継続的なサポート: 一度のセッションだけでなく、継続的なサポートが提供される。これにより、新人は自らの成長を実感し、モチベーションを維持することができる。

これらの要点を踏まえ、新人育成のプロセスにコーチングの手法を導入することで、新人の成長だけでなく、組織全体の生産性向上や業績アップにも繋がる可能性がある。

具体的な企業の成功事例

アップル社の新人オンボーディングとコーチング

アップルは、新人オンボーディングとコーチングのプロセスにおいて、他の多くの企業とは異なるアプローチを取っています。新入社員は、最初の数日間を「Apple University」と呼ばれる研修プログラムで過ごします。このプログラムは、アップルの文化、価値観、そしてビジネスの方法論を深く理解するためのものです。さらに、新入社員は専任のコーチやメンターとペアリングされ、彼らのキャリアの初期段階での成功をサポートします。このような独自のアプローチは、新入社員がアップルの文化に迅速に適応し、高い生産性を持続的に維持するのに役立っています。

専任のコーチやメンターとのペアリングは具体的には以下のようなものです。

  • 専任のコーチ: 新入社員は入社初日から専任のコーチにアサインされます。このコーチは、新入社員の業務内容や役割に関する質問に答えるだけでなく、Appleの文化や価値観を伝える役割も果たします。コーチは新入社員の成長をサポートし、必要なリソースやツールへのアクセスを提供します。
  • ペアリングされたメンター: さらに、新入社員は経験豊富な従業員とペアリングされることが多いです。このメンターは、新入社員が日常の業務において直面する具体的な課題や問題に対して、実践的なアドバイスやフィードバックを提供します。メンターは、新入社員がAppleの業務フローやチームの動きにスムーズに適応できるようにサポートします。
  • 定期的なフィードバックセッション: Appleでは、新入社員の成長と学習を確実にするために、定期的なフィードバックセッションが行われます。これにより、新入社員は自らの進捗や成果を確認し、必要な改善点や成長の方向性を明確にすることができます。

このような取り組みを通じて、Appleは新入社員が組織の一員として迅速に活躍できるようにサポートしています。専任のコーチやメンターとのペアリングは、新入社員がAppleの高い基準や期待値を理解し、それを超える成果を出すための重要なステップとなっています。

出典:Apple「Apple’s Onboarding Process

コーチング導入で見えた新人育成の効果

新人の早期離職率の低下

コーチングの導入は、従業員の定着率の向上に大きく寄与しています。Forbesの記事 “The Impact of Coaching on Employee Retention” によれば、従業員がコーチングを受けることで、彼らの職場へのコミットメントや満足度が高まると指摘されています

コーチングのプロセスは、新人が自分の強みや弱みを自覚し、それを活用または改善するための具体的なアクションプランを立てる手助けをします。このアクションプランは、新人が自分のキャリア目標を達成するための道筋となります。また、コーチングセッションでは、新人が直面している課題や困難についてオープンに話すことができ、それに対する解決策やアドバイスを受け取ることができます。

さらに、コーチングは新人のモチベーションを高める役割も果たします。新人は、自分の意見や考えが尊重されていると感じることで、自分の仕事に対する情熱や熱意を持つことができます。このようなポジティブな感情は、新人が組織に長く留まる意欲を高める要因となります。

また、コーチングは新人のスキルや知識を最大限に活用することを可能にします。新人は、コーチングセッションを通じて、自分の持っているスキルや知識をどのように業務に活用するか、また、どのようにそれをさらに向上させるかについての具体的なアイディアやヒントを得ることができます。

これらの要因が組み合わさることで、新人の早期離職率が大幅に低下することが多くの研究で示されています。組織としては、新人の離職率を低く保つために、コーチングの導入や拡大を真剣に検討する必要があります。新人の離職は、組織にとって大きなコストとなるため、その予防策としてコーチングは非常に効果的な手段と言えるでしょう。

トレーニング期間の短縮とその効果

従来のトレーニング方法と比較して、コーチングを取り入れることでトレーニング期間を大幅に短縮することができます。コーチングは、個々のニーズや課題に焦点を当て、効果的なフィードバックやサポートを提供することで、新人の学習カーブを急速に上昇させることができます

この急速な学習カーブの背後には、コーチングの個別対応のメリットがあります。従来のトレーニングは、一般的な内容を多くの人に提供する形式が主流でした。しかし、コーチングでは、新人一人ひとりの状況やニーズに合わせたアプローチが取られます。これにより、新人は自分にとって本当に必要な情報やスキルを効率的に学ぶことができます。

さらに、コーチングは新人の自己認識を高める役割も果たします。新人は、自分の強みや弱み、改善点などを明確に認識することができ、それを基に自己成長のためのアクションを起こすことができます。このような自己認識の高まりは、新人のモチベーションを向上させ、学習意欲を刺激します。

また、コーチングを取り入れることで、新人は業務に関する疑問や不安をすぐに解消することができます。コーチは新人の疑問や不安に対して、即座にフィードバックやアドバイスを提供することができるため、新人は迅速に問題を解決し、業務に取り組むことができます。

短縮されたトレーニング期間は、組織のコスト削減や生産性の向上にも寄与しています。新人が早期に実務に参加することで、組織は新人の能力やスキルを早期に活用することができ、業績向上につながります。また、短縮されたトレーニング期間は、新人の待機時間を減少させることができ、組織の人的リソースをより効果的に活用することができます。

これらの要因が組み合わさることで、コーチングを取り入れたトレーニングは、組織の人材育成や業績向上において非常に有効な手段となっています。組織としては、これらのメリットを最大限に活用するため、コーチングの導入や拡大を積極的に検討することが求められます。

コーチングをオンボーディングに取り入れるステップ

企業の目的と新人のニーズのマッチング

オンボーディングプロセスの最初のステップは、企業の目的と新人のニーズを明確にすることです。企業は、新人がどのようなスキルや経験を持っているのか、どのような期待を持って入社してきたのかを理解する必要があります。一方、新人は、自分の役割や責任、成果を上げるための具体的な方法など、企業の期待を明確に理解する必要があります。このマッチングプロセスを通じて、双方の期待が明確になり、効果的なコーチングが可能となります。

実践的なコーチングプログラムの構築方法

コーチングをオンボーディングに取り入れるための次のステップは、実践的なコーチングプログラムを構築することです。具体的な方法としては、以下のようなステップが考えられます:

  • ニーズ分析: 新人のスキルや経験、学びたい内容などのニーズを分析します。
  • 目標設定: 新人と一緒に短期・中期・長期の目標を設定します。
  • アクションプランの作成: 目標を達成するための具体的なアクションプランを作成します。
  • 定期的なフィードバック: コーチングの進行状況を確認し、必要に応じてアクションプランを修正します。

フィードバックと継続的な改善の重要性

コーチングは一度きりのものではありません。継続的なフィードバックと改善が必要です。新人は、自分の進捗状況や課題を定期的に共有し、コーチからのフィードバックを受け取ることで、自分の成長を実感することができます。また、企業も、新人の成果や課題を把握し、必要に応じてコーチングプログラムを改善することができます。

継続的なフィードバックと改善を通じて、企業は新人の成長をサポートし、新人も自分のキャリアをより有意義に進めることができます。

以上の内容は、企業がコーチングをオンボーディングに取り入れる際の具体的なステップと方法についての概要を示しています。これらのステップや方法を適切に実施することで、新人の成長と企業の業績向上を同時に実現することができます。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!