WELLBEING MAGAZINE

コーチング活用のメンタルヘルス対策:実践企業の取り組みと成功の鍵

コラム

記事掲載日:2023年8月21日 
最終更新日:2023年8月23日

メンタルヘルスの現代的課題とビジネスへの影響

近年のメンタルヘルスの統計データ

近年、メンタルヘルスの問題は増加の一途をたどっています。特に職場におけるストレスが主な要因として挙げられます。世界保健機関(WHO)によると、職場のストレスは全世界で増加しており、これが労働者の健康を損ない、生産性を低下させる原因となっています。ストレスは、長時間労働、過度な業務量、人間関係のトラブルなど、さまざまな要因から生じることが知られています。

メンタルヘルスの問題がビジネスにもたらす損失

メンタルヘルスの問題は、ビジネスに多大な損失をもたらします。具体的には、生産性の低下、欠勤、早期退職、医療費の増加などが挙げられます。また、職場のストレスは従業員のモチベーションやコミットメントを低下させ、組織の成果に悪影響を及ぼす可能性があります。特に、メンタルヘルスの問題により、企業の年間損失が数十億円にも上るとの報告もある。

コロナ禍でのメンタルヘルスの変化

新型コロナウイルスのパンデミックは、多くの人々のメンタルヘルスに影響を与えました。リモートワークの増加、社会的距離の確保、経済的な不安など、多くの変化が人々の心の健康に影響を与えました。特に、孤立感や不安感が増加し、これがメンタルヘルスの問題を引き起こす要因となっています。コロナ禍による変化は、今後も長期的にメンタルヘルスに影響を与える可能性がある。

働き方改革とメンタルヘルスの連携

近年、多くの企業が働き方改革を進めていますが、その中でメンタルヘルスのサポートも重要な要素となっています。フレックスタイム制度の導入やリモートワークの推進など、従業員のメンタルヘルスを考慮した取り組みが増えています。また、メンタルヘルスの研修やカウンセリングの提供など、従業員の心の健康をサポートする施策も増えています。これにより、従業員のメンタルヘルスを維持・向上させることが、組織全体の生産性や業績向上に寄与している。

先進企業のコーチングによるメンタルヘルス対策

先進企業におけるメンタルヘルスの取り組み

多くの先進企業は、従業員のメンタルヘルスを重視しており、さまざまなプログラムやサポートを提供しています。これには、カウンセリングサービスの提供や、ストレス緩和のための瞑想セッション、ワークライフバランスを重視した勤務体系の導入などが含まれます。また、メンタルヘルスの啓発活動や研修も積極的に行われています。

コーチングがもたらす社員の変化と成果

コーチングを受けることで、社員は自分自身の価値観や目標を明確にし、より効果的なコミュニケーションや問題解決のスキルを習得することができます。これにより、職場でのストレスや対人関係のトラブルが減少し、生産性やモチベーションが向上することが期待されます。

サポート体制の構築と持続可能なシステム

メンタルヘルスのサポート体制を構築するためには、経営層の理解と協力が不可欠です。また、定期的な研修や啓発活動を行い、社員全体がメンタルヘルスの重要性を理解することが必要です。さらに、外部の専門家と連携し、カウンセリングサービスやワークショップを提供することで、持続可能なサポート体制を構築することができます。

コーチングの基本原則とメンタルヘルスへの適用法

コーチングの基本フレームワーク

コーチングは、クライアントとの間のパートナーシップとして定義され、クライアントが個人的および専門的な潜在能力を最大限に引き出すことを目的とした思考を刺激するクリエイティブなプロセスです。コーチングの主な目的は、個人的または専門的な目標の作成/開発を促進し、それらの目標を達成するための戦略/計画を開発し、実行することです。コーチングの原則には、信頼の構築、今ここに在り続けること、意識を喚起すること、成長を促進することが含まれます。

メンタルヘルスを中心としたコーチングの進行方法

コーチングは、個人のメンタルヘルスの向上に有効な手段として認識されています。例えば、Harvard Business Reviewの調査によれば、エグゼクティブコーチングの中で、個人的な問題が76%の場合に取り上げられることがわかっています。コーチングは、自己認識を深め、私たちが信じていることや仮定していることを探求し、解除することで、私たちがなりたい人に成長することについてです。

コーチングの際の注意点と推奨する実践

コーチングはカウンセリングとは異なり、機能不全や「何が間違っているのか?」に焦点を当てるのではなく、人を全体として考え、コーチングがどのように役立つか、何が必要かを尋ねます。コーチングは、レジリエンスと自己効力感を向上させることができ、一部の人々は、コーチングが楽観的で、強みベースで、解決策を重視するアプローチであるため、他のメンタルヘルスサービスよりもコーチングを選ぶことが示されています。

コーチングを通じた自己認識の深化

コーチングは、自己認識を深めるための強力なツールとして使用されます。コーチングを受けることで、クライアントは自分の考え方や行動についての深い洞察を得ることができ、これにより彼らは自分の真の潜在能力を解放することができます。コーチングの過程で、クライアントは自分の信念や仮説を再評価し、それが彼らの人生やキャリアにどのような影響を与えているかを理解することができます。

出典:bluegreen「When it comes to Mental Health, can coaching work?

今後のメンタルヘルスとコーチングの連携展望

2025年のメンタルヘルス予測とコーチングの役割

近年、メンタルヘルスの問題は世界中で増加しており、2025年にはさらに深刻化すると予測されています。この背景には、経済的な不安やテクノロジーの急速な進化、そして社会の変化が影響しています。しかし、このような状況の中で、コーチングはメンタルヘルスのサポートとしての役割を強化していくことが期待されています。コーチングを通じて、個人のストレスや不安を軽減し、より健全なメンタルを維持するための方法を学ぶことができます。また、コーチングは個人の自己認識を深め、自分自身の感情や考え方を理解する手助けをしてくれます。これにより、メンタルヘルスの問題に対する予防や対策がより効果的に行えるようになります。

テクノロジーの進化とコーチングの新たな可能性

テクノロジーの進化は、コーチングの方法やアプローチにも新たな可能性をもたらしています。例えば、AIやVR技術を活用したコーチングツールが開発され、リアルタイムでのフィードバックやシミュレーションを通じて、より具体的なアドバイスやサポートを受けることができるようになっています。また、オンラインプラットフォームを利用した遠隔コーチングも増加しており、場所や時間を選ばずに専門家のサポートを受けることができるようになりました。これにより、多くの人々がコーチングの恩恵を受けることができるようになり、メンタルヘルスのサポートもより手軽にアクセスできるようになっています。

メンタルヘルスを核にした企業文化の形成

企業の中でメンタルヘルスを重視する文化が形成されることは、従業員の満足度や生産性の向上に直結しています。コーチングを取り入れることで、従業員一人ひとりのメンタルヘルスをサポートし、より健全な職場環境を作り上げることができます。具体的には、定期的なワークショップやセミナーを開催し、メンタルヘルスの重要性やコーチングの方法について学ぶ機会を提供することが考えられます。また、従業員同士のコミュニケーションを促進するためのグループコーチングも効果的です。これにより、チーム内の信頼関係を深め、より円滑なコミュニケーションが行えるようになります。

持続可能な健康経営のための戦略と実践

持続可能な健康経営を実現するためには、メンタルヘルスのサポートは欠かせません。コーチングを取り入れることで、従業員のメンタルヘルスを維持・向上させるとともに、組織全体の生産性や満足度も高まります。以下は、持続可能な健康経営を実現するための具体的な戦略と実践の例です。

定期的なメンタルヘルスチェック: 従業員のメンタルヘルスの状態を定期的にチェックし、必要に応じてサポートを提供することで、早期に問題を察知し対応することができます。

コーチングセッションの提供: 専門家によるコーチングセッションを定期的に提供し、従業員が自分自身の感情や考え方を理解し、適切な対応方法を学ぶ機会を持たせます。

メンタルヘルスの啓発活動: ワークショップやセミナーを通じて、メンタルヘルスの重要性やコーチングの方法についての知識を共有します。

フレキシブルな勤務体系の導入: ワークライフバランスを重視し、フレキシブルな勤務体系を導入することで、従業員のストレスを軽減します。

経営層のリーダーシップトレーニング: 経営層にもメンタルヘルスやコーチングの重要性を理解してもらい、リーダーシップを発揮して従業員をサポートするためのトレーニングを実施します。

これらの戦略と実践を取り入れることで、企業は持続可能な健康経営を実現し、従業員のメンタルヘルスを保護しながら、組織全体の生産性や満足度を向上させることができます。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!