WELLBEING MAGAZINE

人材育成と人的資本開示:世界のトップ企業が実践するコーチングの秘密

コラム

記事掲載日:2023年8月9日 
最終更新日:2023年8月23日

人材育成と人的資本開示の現代的な役割

現代の企業経営において、人材は企業の持つ最も貴重な資源と言われます。特にグローバル競争が激化する中で、従業員一人ひとりのスキルや能力、知識が企業の競争力を左右する要因となっています。そうした中、人材育成と、それに関連した情報の開示、すなわち人的資本開示がどのような役割を果たしているのかを深掘りします。

人材育成がビジネスに与える直接的な影響

人材育成は、従業員のスキルや知識を高めるだけでなく、企業の文化や価値観を形成する上でも重要な役割を果たします。GoogleやAppleのようなトップ企業では、従業員が持つ独自の視点やアイディアを活かすための教育プログラムや研修が豊富に用意されています。これにより、継続的なイノベーションや改善が促進されるだけでなく、従業員のモチベーションやロイヤリティも向上します。

人的資本開示の意義とその進化

近年、企業の持続的な成長や競争力を示す指標として、財務諸表だけでなく、人的資本に関する情報の開示が求められるようになってきました。特に欧米の投資家やステークホルダーは、企業の真の価値を評価するために、従業員のスキルや教育、トレーニングの情報を重視しています。実際、米国のSASB(持続可能性会計基準委員会)は、人的資本に関する情報の開示を推奨しています。

人的資本開示の進化としては、単なる数値データから、より具体的なストーリーや戦略、目標に関する情報が含まれるようになってきました。例えば、日本の大手企業であるトヨタやソニーは、年次報告書や持続可能性報告書において、人材育成や従業員の福利厚生に関する取り組みを詳しく開示しています。

コーチングが担う、人材育成と人的資本開示の接点

コーチングは、従業員の能力やポテンシャルを最大限に引き出す手法として、多くの企業で導入されています。実際、IBMやP&Gのような世界的な企業では、リーダーシップの育成やキャリアの進展をサポートするためのコーチングプログラムが実施されています。

コーチングと人的資本開示との接点は、企業の持続的な成長や価値創造における「人」の役割を強調する点にあります。コーチングを通じて育成されたリーダーやプロフェッショナルは、企業の競争力やイノベーションの源泉となります。このため、コーチングの取り組みやその効果を人的資本開示として公表することで、外部のステークホルダーに対して企業の人材戦略や価値を明確に伝えることが可能となります。

例として、マイクロソフトは近年、人材育成の一環としてコーチングを強化しており、その結果としてエンゲージメントが向上し、新しいプロジェクトやイノベーションの実現が加速しています。同社は、これらの成果を持続可能性報告書や投資家向けの資料で開示し、企業価値の向上に寄与しているとアピールしています。

さらに、人的資本開示の中でコーチングの取り組みを明らかにすることは、企業のブランディングや従業員の採用、リテンションにも寄与します。具体的には、優れた人材や新卒者が、自らの成長やキャリアを重視する現代において、コーチングが実施されている企業を選ぶ傾向が見られます。

世界のトップ企業が取り組むコーチングの事例

 Googleとコーチング:創造性とイノベーションの源

Googleは、教育者や学校リーダーを対象とした「Google Certified Coach Program」を提供しています。このプログラムは、教育者がテクノロジーを効果的に活用して学習結果を向上させるためのコーチングスキルを磨くことを目的としています。Googleのこの取り組みは、教育の質を向上させるための継続的なプロフェッショナルな開発を促進するものであり、コーチングの重要性を強調しています。

出典:Google「Transform how schools use technology as a Certified Coach

アマゾンのリーダーシップ原則とコーチングの連携

Amazonは、企業のリーダーシップ原則を強調しており、これらの原則はAmazonの文化の中核を形成しています。これらの原則には、顧客中心、所有権、発明と単純化、学びと好奇心、最高の人材の採用と育成などが含まれています。特に「Hire and Develop the Best」の原則では、リーダーが他のリーダーを育成し、コーチングの役割を真剣に受け止めることが強調されています。このような取り組みを通じて、Amazonは従業員の能力を最大限に引き出し、組織全体の成果を向上させることを目指しています。

出典:Amazon「Amazon Leadership Principles

日本企業の人的資本開示とコーチングの取り組み

日本のビジネス環境は、他の国々と比較しても独特の文化と慣習を持っています。この環境の中で、経営者やリーダーたちは組織の成果を最大化するための支援を求めることが増えてきました。その一つの方法として、エグゼクティブコーチングが注目されています。

日本の企業においても、人的資本の開示という観点から、エグゼクティブコーチングの取り組みが進められています。人的資本とは、組織の中で働く人々の知識やスキル、経験などの無形の資産を指します。この人的資本を最大限に活用するためには、経営者やリーダーのスキルや能力を高めることが不可欠です。そのため、多くの日本企業では、エグゼクティブコーチングを導入し、リーダーシップの向上や組織の成果を高める取り組みを進めています

出典:Executive Coaching in Japan

例えば、日本のコンサルティング会社「Japan Intercultural Consulting」は、異文化コミュニケーションの専門家として、日本の経営者やリーダーをサポートしています。彼らは、日本企業の中で外国企業とのビジネスを進める際の課題や、多文化のチームを管理する際の課題など、日本独特のビジネス環境における問題点を解決するためのコーチングを提供しています。

このように、日本の企業においても、エグゼクティブコーチングの重要性が認識され、積極的な取り組みが進められています。今後も、日本のビジネス環境の中での課題を解決し、組織の成果を最大化するためのサポートとして、エグゼクティブコーチングの需要は増えていくことでしょう。

コーチングの効果:具体的な数値での実証

コーチングの効果を具体的な数値で示すことは、組織や個人がコーチングに投資する価値を理解する上で非常に重要です。このセクションでは、コーチングのROI、企業の業績との関連性、および従業員の満足度との関係性について詳しく説明します。

コーチングのROI:投資対効果を数値で解説

国際コーチング連盟(ICF)とPwCの共同調査によれば、2019年のグローバルなコーチングの収益は約28.49億ドルで、2015年から21%増加しました。さらに、レポートによれば、調査対象者の87%がエグゼクティブコーチングのROIが高いと回答しています。

ROIの計算方法として、以下の3つの柱を使用してプロジェクトの具体的なROIを計算できます:

  • 定量的価値:コーチングの価値を様々なレバー、例えば増加した収益、生産性の向上、顧客満足度の向上、従業員の定着率の向上などで定量化します。
  • 定性的価値:コーチングのROIを計算する際に、定量的な利益を超えて無形の利益を考慮することは、ROIの計算において鍵となる要素です。
  • 追求しない場合の結果:生産性や利益は確かにモチベーションとなりますが、リーダーや組織、株主にとっては損失を避けることがさらに重要です。

企業の業績向上とコーチングの直接的な関連性

コーチングが企業の業績向上にどのように貢献しているかを理解するためには、具体的な数値や事例をもとにその効果を評価する必要があります。コーチングの定性的な影響として、直接の報告、同僚、および他の主要なステークホルダーとの関係の向上、組織へのコミットメントの増加、仕事の満足度の増加などが挙げられます。

従業員の満足度とコーチングの関係性

従業員の満足度とコーチングの関係性についても、多くの研究が行われています。コーチングが従業員の満足度を向上させることで、組織全体の業績や生産性が向上する可能性があります。コーチングの取り組みを通じて、従業員は自分のスキルや能力を最大限に活用することができ、これが組織全体の業績向上に寄与すると考えられます。

以上の内容は、コーチングの効果を具体的な数値で示すことの重要性を強調しています。コーチングのROIやその他の関連性を理解することで、組織や個人はコーチングの価値をより深く理解し、その取り組みを最大限に活用することができるでしょう。

出典:Forbes「The ROI Of Executive Coaching: A Comprehensive Guide
Zhou Ventures「The Benefits of Coaching in the Workplace and for Employees (2023)

未来を見据えたコーチングの進化と展望

テクノロジーとコーチングの融合:AI時代の人材育成

テクノロジーの進化、特にAIの台頭は、コーチングの領域にも大きな影響を与えています。AIは、個人の学習スタイルやニーズに合わせてカスタマイズされたフィードバックを提供する能力を持っています。これにより、従来のコーチングモデルが持つ制約を超えて、より多くの人々にパーソナライズされたサポートを提供することが可能となります。また、AIは組織内の人材育成のプロセスを効率化し、従業員のスキルや能力を最大限に引き出す手助けをすることができます。

持続可能な組織を目指すためのコーチングの役割

組織の持続可能性は、その組織が長期的な成功を収めるための鍵となります。コーチングは、この持続可能性を実現するための重要なツールとなることができます。コーチングを通じて、組織のリーダーや従業員は、変化するビジネス環境に適応し、新しいチャレンジに対応するためのスキルや知識を獲得することができます。また、コーチングは組織内のコミュニケーションやチームワークを強化し、組織の文化や価値観を形成する上での役割も果たします。

新たな人材の採用とコーチングの相乗効果

現代のビジネス環境は、絶えず変化し続けています。このような環境下で、組織は新しいスキルや知識を持った人材を採用することが求められます。コーチングは、これらの新しい人材が組織内で成功を収めるためのサポートを提供することができます。新しい従業員が組織の文化や価値観に適応するのを助け、彼らのスキルや知識を最大限に活用するための指導を行うことができます。また、コーチングは組織内の他の従業員とのコミュニケーションや協力を促進し、全体としての組織の生産性や効率を向上させることができます。

これらのトピックは、コーチングの未来に関する重要な考察を提供します。テクノロジーの進化、組織の持続可能性、新しい人材の採用という3つの要素は、コーチングの領域において今後の発展の鍵となるでしょう。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!