WELLBEING MAGAZINE

業界トップが実践する!コーチングの効果を最大限引き出すスキルアップ法

アカデミア

記事掲載日:2023年7月24日 
最終更新日:2023年7月26日

コーチングの効果を最大化する基本的なスキル

コーチングの成功は、そのプロセスにおけるコーチのスキルとその応用に大きく依存します。効果的なコーチングを行うためには、共感の心、良い傾聴スキル、適切な質問法、そして信頼関係の構築が重要となります。ここでは、これらの基本的なスキルをどのように磨き、コーチングの効果を最大化するかについて詳しく見ていきましょう。

コーチングの心得:共感と対話の重要性

一つ目の要点は、共感の心です。コーチとして最も重要なことは、クライアントの視点を理解し、その感情や考えに共感することです。これにより、クライアントは自分が理解され、尊重されていると感じ、コーチとの信頼関係を深めることができます。

共感の心を持つためには、自己中心的な視点を捨ててクライアントの立場に立つことが必要です。自分の経験や意見を押し付けるのではなく、クライアントの経験や意見を理解し、その上でサポートするのが良いコーチングです。

さらに、良いコーチは対話のプロです。クライアントとの対話を通じて、彼らの考え方や感情、目標を明らかにし、それを尊重します。対話の中で、コーチはクライアントが自分自身の考えや感情を深く理解し、自分自身の解決策を見つけることを支援します。

コーチングスキルの向上に必要な要素

コーチングの効果を最大化するためには、コーチ自身が持つべきスキルや特質がいくつかあります。
傾聴スキルは、コーチングにおいて中心的な役割を果たします。クライアントが何を言っているのか、何を感じているのかを理解するためには、真剣に耳を傾け、言葉だけでなく非言語的なメッセージもキャッチすることが重要です。

また、適切な質問をする能力も、コーチングの効果を最大化するために必要なスキルです。良い質問は、クライアントが自分自身の考えや感情を深く掘り下げ、新たな視点や洞察を得ることを助けます。質問は、クライアントが自分自身の解決策を見つけるための道しるべとなります。

以上のようなスキルを持つことで、コーチはクライアントの自己理解と自己啓発を支援し、彼らが目標を達成するための行動を促進することができます。これが、コーチングの効果を最大化するための基本的なスキルとなります。

海外での成功例:コーチングの効果を最大化する企業とその方法

コーチングの成功とその効果は、企業の業績向上や従業員のモチベーションの向上に大きく貢献します。世界の多くの企業が、リーダーシップの向上、従業員の能力開発、チームビルディング等の目的でコーチングを導入しています。特にアメリカのトップ企業やヨーロッパの革新的な企業では、コーチングを効果的に活用し、その効果を最大化するための独自の方法を開発しています。ここでは、その成功事例をいくつか見ていきましょう。

アメリカのトップ企業で見るスキルアップ法

グーグルは、コーチングを組織文化の一部として取り入れ、その効果を最大化するための独自の方法を開発しています。彼らは「Google’s Coaching Program」を立ち上げ、リーダーシップやチームビルディング、パフォーマンス向上を目指しています。このプログラムでは、組織全体での学習と成長を促進し、個々の従業員が自分自身の強みと弱点を理解し、自己開発に努めることを支援しています。

具体的には、各従業員に対して専門のコーチを割り当て、定期的なフィードバックとアドバイスを提供します。また、彼らは「Grow Model」を使用し、Goal(目標)、Reality(現状)、Options(選択肢)、Will(行動計画)の4つのステップを通じて、従業員が自己開発を進める手助けをします。

この結果、グーグルでは従業員のパフォーマンス向上、チームワークの強化、そして組織全体の業績向上を実現しています。

ヨーロッパにおける革新的なコーチング戦略

スウェーデン発の家具大手、IKEAはコーチングの効果を最大化するための革新的な戦略を実施しています。IKEAは、コーチングを社員のスキル開発とパフォーマンス向上のための主要なツールと位置づけ、その組織文化の一部としています。

まず、IKEAではすべてのマネージャーがコーチングスキルを磨くための研修を受けます。この研修では、コーチングの基本原則やテクニックを学び、それを日々の業務に生かす方法を学びます。また、マネージャー自身がコーチとしての役割を果たすためのスキルも磨かれます。これには、共感の心を持つこと、適切なフィードバックを与えること、そして従業員が自身の目標に向かって成長できるよう支援することが含まれます。

さらに、IKEAは「360度フィードバック」システムを導入しています。これは、マネージャーだけでなく同僚や部下からもフィードバックを受けるシステムで、自身のスキルやパフォーマンスを全方位的に評価することを可能にしています。このシステムにより、従業員は自身の強みと改善点を明確に理解することができ、個々のスキルアップに繋がっています。

また、IKEAは「従業員の自主性を尊重する」というコーチングスタイルを採用しています。具体的には、問題解決や目標設定など、従業員自身が主体的に考え行動することを奨励しています。これにより、従業員の自主性や責任感が養われ、モチベーションの向上に寄与しています。

これらの戦略により、IKEAでは従業員のモチベーションの向上、パフォーマンスの改善、そして高い従業員満足度を達成しています。これらの結果は、コーチングが組織の業績向上にどのように寄与するか、またその効果を最大化するための具体的な戦略がどのようなものであるかを示しています。

コーチングの効果を数値化:成果と平均の解説

コーチングは、個々の能力向上だけでなく、組織全体のパフォーマンスにも大きな影響を与えます。その成果を明確に理解するためには、コーチングの効果を示す具体的なデータと、そのデータが示すパフォーマンス改善の実証例について考察することが必要です。

コーチングの効果を示す具体的なデータ

コーチングの効果を示す一つの指標として、”International Coaching Federation (ICF)”が発表している調査結果を見てみましょう。ICFによれば、コーチングを受けた人々の37%の人がコミュニケーションスキルが改善したと回答し、35%の人たちが自信や自尊心、ワークライフバランスが向上したと報告しています。

出典:2022 ICF Global CONSUMER AWARENESS STUDY

また、組織におけるROI(投資対効果)も注目に値します。Maximizing the Impact of Executive Coaching:Behavioral Change, Organizational Outcomes, and Return on Investmentという論文では、コーチングプログラムに投資した企業が平均で元の投資の約400%を回収したという結果が出ています。これは、コーチングが個々のパフォーマンス向上だけでなく、組織全体の利益にも寄与していることを示しています。

出典:Maximizing the Impact of Executive Coaching: Behavioral Change, Organizational Outcomes, and Return on Investment

コーチングによるパフォーマンス改善の実証例

具体的な実証例として、GE(General Electric)があります。GEは、コーチングプログラムを実施した後、従業員のリーダーシップスキルとチームのパフォーマンスが有意に向上したと報告されており、Googleのエンジニアリング部門においても、技術力だけでなく、コーチングスキルを持つリーダーが求められています。このようなリーダーによってチームがサポートされた結果、プロジェクトの成功率が大幅に向上しました。

これらの結果は、コーチングが組織全体のパフォーマンス向上にどのように寄与するかを明確に示しています。コーチングは単なるスキルアップの手段ではなく、組織全体の成功に直結する重要な要素であることがわかります。

コーチングスキルアップの未来:これからの展望

コーチングの世界は、新たなトレンドと可能性を追求し、進化し続けています。その中で、どのような新しい手法やアプローチが登場し、どのようにコーチングスキルアップ法が進化していくのかを探ることは、我々がこれからの時代を生き抜くうえで大切なことです。

コーチングの新たなトレンドと可能性

テクノロジーの進化は、コーチングの領域にも影響を与えています。例えば、AI(人工知能)を利用したコーチングツールが登場し、個々のニーズに対応したパーソナライズされたフィードバックやアドバイスを提供できるようになってきています。企業の中には、このようなテクノロジーを活用してコーチングを実施することで、従業員一人ひとりに対するサポートをより具体的で個別化されたものにしようとしています。

また、グローバル化の進展により、多文化的な視点からのコーチングが求められるようになってきています。異なる文化背景を持つ人々を理解し、効果的にコーチングするためのスキルが必要とされています。こうしたニーズに対応するため、多文化的なコーチングのスキルを習得するプログラムも増えてきています。

コーチングスキルアップ法の進化と今後の見通し

ICFのコア・コンピテンシーの中にも「継続的な学習」が謳われているようにテクノロジーや文化の進化発展に合わせて、コーチは常に自己のスキルや手法を更新し、進化させる必要があります。

また、組織の中でのコーチングの役割も変化しています。従業員一人ひとりがコーチングスキルを身につけ、互いにコーチとして機能する「ピア・コーチング」が注目を集めています。こうした変化は、コーチングがリーダーシップの一部であると同時に、組織文化全体の一部となっていくことを示しています。

これらの動きは、コーチングの未来がどのように進化していくかを示しています。新しいテクノロジーや多様な文化への理解を深め、自分自身をアップデートすることで、私たちは時代の変化に対応した効果的なコーチングを提供し続けることができます。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!