WELLBEING MAGAZINE

ダイバーシティ&インクルージョンの推進:コーチングの力で働きやすい環境を創出

コラム

記事掲載日:2023年7月28日 
最終更新日:2023年7月31日

ダイバーシティとインクルージョンの重要性とコーチングの関連性

現代社会は多様性と包括性が求められています。職場におけるダイバーシティ&インクルージョン(D&I)は、性別、年齢、国籍、人種、宗教、性向、障がいなどの違いを認め、尊重し、包含することで組織全体のパフォーマンスを向上させるという考え方です。このセクションでは、まずダイバーシティとインクルージョンとは何かについて説明し、その後、コーチングがD&Iを推進する理由について深掘りします。

ダイバーシティとインクルージョンとは何か?

ダイバーシティとインクルージョンは、異なるバックグラウンドや視点を持つ人々が共存し、お互いを理解し、尊重することによって、組織が新たな価値を生み出すという考え方です。

ダイバーシティ(Diversity)は、「多様性」を意味し、職場における性別、年齢、人種、国籍、宗教、性向、障がいなどの違いを包含します。これらの違いは個々の視点や思考を形成し、新しいアイデアや解決策を生み出す可能性を秘めています。

一方、インクルージョン(Inclusion)は、「包括性」を意味し、異なる背景を持つ全ての人々が平等に扱われ、参加し、価値を発揮できる環境の創造を指します。インクルージョンは、ダイバーシティが単に存在するだけでなく、その多様性が組織にとって価値あるものとなり、活かされている状況を示しています。

一部では、D&Iに加えて、Equityを含めたDEIと定義しているところも出てきています。エクイティ(Equity)は「公平性」を意味し、すべての人々が公平な機会を持ち、様々な障壁や偏見が解消されることをとしています。公平性は平等性とは異なり、個々のニーズに応じて異なるリソースや支援を提供することを意味します。

コーチングがダイバーシティとインクルージョンを推進する理由

コーチングは個々の能力開発と組織改革を促進する手段であり、それがダイバーシティとインクルージョンの推進に寄与する理由はいくつかあります。

  • 個々の視点を尊重する: コーチングは、個々の視点や経験を尊重し、それらがどのように思考や行動に影響を及ぼすかを理解します。これはダイバーシティと直接結びついており、個々の視点が尊重されると、それぞれの違いを理解し、受け入れる環境が生まれます。
  • 包括的なコミュニケーションを促進する: コーチングは、オープンな対話を通じて人々の間の理解を深めることを奨励します。これにより、異なる視点や意見が共有され、それぞれの違いが理解しやすくなります。
  • 組織文化の変革を促す: コーチングは組織文化の変革を促進します。多様性を尊重し、それを活かす文化を確立することは、組織にとって重要なステップです。コーチングは、この変革をサポートし、ダイバーシティとインクルージョンの価値を組織全体に広める役割を果たします。

以上のように、コーチングの手法と理念はダイバーシティとインクルージョンの推進と密接に関連しています。次のセクションでは、コーチングがダイバーシティとインクルージョンの具体的な実現にどのように貢献するかを詳しく説明します。

コーチングによるダイバーシティとインクルージョンの実現

コーチングは、個々の人々が自分自身の可能性を最大限に引き出すための支援を提供します。これにより、社員は自己認識を深め、自分自身の強みと弱みを理解し、自分自身の能力を最大限に発揮することができます。また、コーチングは、社員が自分自身の視点を広げ、他人の視点を理解し、異なる背景や経験を持つ人々と協力する能力を強化します。

コーチングが生むダイバーシティとインクルージョンの効果

コーチングにより他人の視点を理解し、異なる背景や経験を持つ人々と協力していくことで、組織はダイバーシティを活用し、インクルージョンを促進していく環境作りを推進していけます。
マッキンゼーのレポートによるとD&Iを実現している企業は業界中央値を上回る財務リターンを達成する可能性が高いとも言及されています。

ではどのようにD&Iをコーチングで実現していくかというと具体的なコーチングの手法としては、以下のようなものがあります

  • 個々の社員との1対1のセッション:これにより、コーチは社員の個々のニーズと目標を理解し、それに対応した支援を提供することができます。
  • フィードバックと内省:コーチは、社員が自分自身の行動とその結果を内省し、学び、成長するためのフィードバックを提供します。
  • 目標設定:コーチは、社員が自分自身の目標を設定し、それに向けて行動するための支援を提供します。
  • スキル開発:コーチは、社員が必要なスキルと知識を開発するための支援を提供します。

ただし、米Forbes誌によるとインクルージョンとダイバーシティの方針を掲げていながら、D&Iが浸透していない組織が多くあるとし、その要因には、「D&Iを全体的なビジネス戦略と整合させること」や「組織の価値観や規範、カルチャーがD&Iをサポートしていること」「組織の採用方針がD&Iに沿っていること」などの要素も必要だと言及されており、コーチング以外のアプローチも重要だということが分かっています。

出典:Forbes「Nine Practical Steps To Create An Inclusive And Engaging Workplace Culture

ダイバーシティ&インクルージョンの成功事例

以下は、海外企業におけるダイバーシティ&インクルージョンの成功事例とその効果についての情報です。

海外企業における成功事例とその効果

Googleでは、Performance Paradigmという会社と協力して、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン(DEI)プログラムを開発しています。このプログラムは、”Examined Human”と”Digital Human”という2つの部分から成り立っており、共有体験とコミュニティ形成を通じて、Google内部でのDEIの実現を目指しています。

具体的には、”Digital Human”プログラムでは、4つの主要な行動に焦点を当てています:「Show up(現れる)」、「Be present(存在感を示す)」、「Create visibility(可視性を作る)」、「Proximate(近接する)」。これらの行動を通じて、リーダーシップとチームメンバーがDEIを理解し、ナビゲートする手助けをしています。

また、Googleでは、DEIトレーニングの結果を、マイノリティグループからのフィードバックに基づいて評価しています。その結果、社員からは、「マネージャーとの関係が改善された」「自分の声が聞かれるようになった」「心理的な安全性が向上した」といったポジティブなフィードバックが寄せられています。

以上の事例からダイバーシティ&インクルージョンの取り組みが、企業のパフォーマンス向上や社員満足度の向上に寄与していることがわかります。

出典:Forbes「Purpose At Work: How Google Is Building Diversity And Inclusion With Performance Paradigm

コーチングによるダイバーシティとインクルージョンの未来

コーチングの手法と原則は、職場でのダイバーシティとインクルージョンの推進に強力な影響を与える可能性があります。しかし、その可能性を完全に引き出すためには、コーチングの役割と方法についての理解を深め、その実践に対する取り組みを続ける必要があります。このセクションでは、コーチングがD&Iの未来をどのように形成していくかを探ります。

これからのコーチングの役割と可能性

コーチングの役割は、これからも進化し続けることでしょう。これは、職場環境や労働者のニーズが変化し続けるためです。テクノロジーの進化、リモートワークの普及、新たな労働力の登場など、職場の多様性は今後も増加すると予想されます。

これらの変化に対応するために、コーチングは個々のニーズを理解し、それぞれの強みを活かす方法を模索しなければなりません。コーチングの役割は、単にパフォーマンスの向上を支援するだけでなく、多様性を理解し、尊重し、活用することによって、職場の包括性を強化することも含まれます。

また、コーチングは一方通行の教育ではなく、双方向の学びの場を提供します。コーチとクライアントの間の対話は、互いの視点を広げ、新たな理解を生むことで、ダイバーシティとインクルージョンをさらに推進します。

コーチングがもたらすダイバーシティとインクルージョンの未来展望

ダイバーシティとインクルージョンの価値を認識し、それを活用する組織は、より革新的で、生産性が高く、社員の満足度が高いと報告されています。しかし、それを実現するためには、組織の文化と態度を変える必要があります。そして、その変革の一端を担うのがコーチングです。

コーチングを活用すれば、組織はダイバーシティとインクルージョンの実現を加速することができます。コーチングの手法と原則は、個々の視点を尊重し、多様性を理解するための枠組みを提供します。それにより、社員は自分自身と他者の違いを理解し、それを価値あるものとして活用する方法を学びます。

また、コーチングは組織のリーダーシップにも影響を与えます。リーダーがコーチングの手法を採用すれば、社員の意見や視点を尊重する環境を作り出すことができます。その結果、全ての社員が自分自身を表現し、貢献することが可能となります。

したがって、コーチングにより、ダイバーシティとインクルージョンは組織の根幹に浸透し、組織のパフォーマンスを向上させる強力な力となります。そして、それは組織だけでなく、社会全体に対するダイバーシティとインクルージョンの理解と尊重の拡大につながります。

未来の職場では、コーチングはもはやオプションではなく、ダイバーシティとインクルージョンを推進し、組織全体のパフォーマンスを向上させるための必須のツールとなるでしょう。そのため、組織はコーチングの価値を理解し、その手法と原則を取り入れることにより、未来への道を切り開くことが求められます。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!