WELLBEING MAGAZINE

コーチングの効果測定実践と学術的観点:ROI確認の理論と実際

アカデミア

記事掲載日:2023年8月4日 
最終更新日:2023年8月4日

コーチングのROI計測とその重要性

コーチングは、個々の能力を最大限に引き出し、組織全体のパフォーマンスを向上させるための重要な手段となっています。しかし、コーチングの効果を具体的に測定し、その価値を評価するためには、ROI(Return on Investment)の計測が不可欠です。この記事では、コーチングのROI計測とその重要性について詳しく解説します。

ROIとは何か? – コーチングの観点から見る

ROIとは、投資対効果のことを指し、投資した資源(時間、金銭、人材など)に対するリターン(利益や成果)をパーセンテージで表したものです。コーチングの観点から見ると、ROIはコーチングに投じたコストに対する効果や成果を数値化することで、その価値を明確に示す指標となります。

例えば、ある企業がコーチングプログラムに100万円を投資し、その結果、生産性が向上し年間で200万円の利益増加が見られた場合、ROIは(200万円 – 100万円)÷ 100万円 × 100 = 100%となります。これは、投資した100万円が100%のリターンをもたらしたことを示しています。

コーチングのROIを計測する目的

コーチングのROIを計測する目的は大きく分けて二つあります。一つ目は、コーチングの効果を具体的に示し、その価値を評価することです。ROIを計測することで、コーチングが組織や個人にどの程度の利益をもたらしたかを数値化し、その効果を明確に示すことができます。

二つ目は、コーチングの効果を最大化するための改善点を見つけることです。ROIの計測は、コーチングの成果だけでなく、その過程も評価するための重要な手段です。どの部分のコーチングが効果的で、どの部分が改善が必要かを明らかにすることで、より効果的なコーチングプログラムを設計するためのフィードバックを提供します。

以上、コーチングのROI計測とその重要性について解説しました。コーチングは個々の能力開発だけでなく、組織全体のパフォーマンス向上に寄与する重要な手段です。その効果を最大化するためには、ROIの計測とその分析が不可欠です。コーチングを導入する際は、ROIの計測を行い、その結果をもとにコーチングプログラムを見直し、改善することが重要となるでしょう。

コーチングのROI計測がビジネスに与える影響

コーチングのROI計測は、ビジネスに対して多大な影響を与えます。具体的には、以下のような点でその影響が見られます。

効果的な投資判断: コーチングのROIを計測することで、その投資がどれほどの効果をもたらしているのかを定量的に把握することができます。これにより、組織はより効果的な投資判断を行うことが可能となります。

パフォーマンスの向上: コーチングによるパフォーマンスの向上は、ROIの計測によって明確になります。これにより、組織はどのようなコーチングが効果的であるのか、どのように改善すべきなのかを明確にすることができます。

組織の成長: コーチングのROIを計測することで、組織全体の成長を促進することができます。コーチングによる成果は、組織の成長に直接貢献します。

コーチングのROIを効果的に計算するための方法

コーチングの成功を定義し、測定することは難しい問題です。変化が数ヶ月や数年にわたって発生し、変化が内部的であるだけでなく、外部的でもある場合、コーチングの成功をどのように測定したらよいでしょうか。さらに、コーチングと成果をどのように紐づけるのか?どのように成功を測定するのか?成功とは何であり誰が決定するのか?など課題は様々です。

コーチングの前後でのパフォーマンス比較

コーチングの効果を正確に評価するためには、コーチングの前後でのパフォーマンス比較が不可欠です。具体的には、コーチングを受ける前の従業員のパフォーマンスを基準とし、コーチング後のパフォーマンスと比較します。これにより、コーチングがパフォーマンスにどのような影響を与えたかを定量的に把握することが可能になります。この比較を行う際には、パフォーマンスの指標を明確に設定し、それぞれの指標がビジネスの目標とどのように連動しているかを理解することが重要です。また、パフォーマンスの向上だけでなく、コーチングによって生じた行動や態度の変化も評価の対象となります。

従業員の満足度調査とフィードバックの収集

コーチングの効果を評価するためのもう一つの重要な手段が、従業員の満足度調査とフィードバックの収集です。コーチングは従業員一人ひとりの成長とパフォーマンス向上を目指すものであり、その効果は従業員自身の感じ方に大きく左右されます。したがって、従業員の満足度調査を行い、コーチングに対する感想や意見を直接聞くことは、コーチングの質を評価し、必要な改善点を見つけ出す上で非常に有効です。また、フィードバックは一方向だけでなく、コーチからクライアントへ、クライアントからコーチへの双方向で行われるべきです。これにより、コーチングのプロセス自体が進化し、より高い効果を生む可能性があります。

組織全体の成果との関連性の分析

コーチングのROIを計測するためには、個々の従業員のパフォーマンスだけでなく、組織全体の成果との関連性を分析することも重要です。コーチングが個々の従業員のスキルやパフォーマンスを向上させるだけでなく、それがどのように組織全体の成果に寄与しているかを理解することで、コーチングの真の価値を評価することができます。この分析を行うためには、組織のビジネス戦略や目標を理解し、それらとコーチングの目標がどのように連動しているかを明確にすることが必要です。また、組織全体の成果を測定するための指標を設定し、それらの指標が時間とともにどのように変化しているかを追跡することも重要です。

学術研究によるROI計測の最新メソッド

コーチングの成功を測定するための新しい方法として、心理測定ツールの使用があります。これらのツールは、個々の人格特性、認知能力、行動スタイル、または情緒知能についての客観的なデータを提供するためにしばしば使用されます。これらは、コーチングの目標を設定し、それらの目標に向けた進歩を測定するのに役立ちます。一部の一般的な心理測定ツールには、Myers-Briggs Type Indicator(MBTI)、Emotional Intelligence Appraisal、StrengthsFinder、DiSC Profile、Hogan Assessmentsなどがあります。これらのツールを使用して、コーチとクライアントは進行状況を追跡し、特定の、定量化可能な方法で変化を測定することができます。

成功事例と学術的な視点 – コーチングROI計測の具体的な例

GoogleのコーチングプログラムとROIの効果測定

Googleは、コーチングプログラムを通じて従業員のパフォーマンスを向上させることに成功しました。Googleのコーチングプログラムは、従業員のスキルを向上させ、組織全体のパフォーマンスを向上させることを目指しています。このプログラムの成功は、従業員の満足度、パフォーマンスの向上、そして最終的なビジネスの成果によって測定されます。GoogleのコーチングプログラムのROIは、従業員のパフォーマンスの向上という形で具体的に見ることができます。

マイクロソフトのリーダーシップコーチングとROIの確認

マイクロソフトもまた、リーダーシップコーチングを通じて組織全体のパフォーマンスを向上させることに成功しました。マイクロソフトのリーダーシップコーチングプログラムは、リーダーのスキルを向上させ、組織全体のパフォーマンスを向上させることを目指しています。このプログラムの成功は、リーダーのパフォーマンスの向上、従業員の満足度の向上、そして最終的なビジネスの成果によって測定されます。マイクロソフトのリーダーシップコーチングのROIは、リーダーのパフォーマンスの向上という形で具体的に見ることができます。

出典:LinkedIn「Growth Mindset and Coaching Culture at Microsoft

学術論文で挙げられたコーチングROIの事例

学術論文「Return on investment in executive coaching: A practical model for measuring ROI in organisations」では、組織がエグゼクティブコーチングサービスへの投資を評価する方法について調査が行われています。この論文では、新しいモデルが提案されており、このモデルはコーチングの目的を確立し、評価への形成的なアプローチを確立することに主要な重点を置いています。この新しいモデルの潜在的な価値についても議論されています。この論文は、コーチングのROIを評価するための実用的なモデルを提供しています。

出典:「Return on investment in executive coaching: A practical model for measuring ROI in organisations

まとめ:コーチングのROI計測:成功への道筋を描く

コーチングのROIを計測することは、その効果を定量的に評価し、ビジネスの成果にどのように貢献しているかを理解するために重要です。その計測方法としては、コーチングの前後でのパフォーマンス比較、従業員の満足度調査とフィードバックの収集、そして組織全体の成果との関連性の分析が挙げられます。これらの方法を用いることで、コーチングが個々の従業員の成長とパフォーマンス向上にどのように寄与しているか、またそれが組織全体の成果にどのように反映されているかを明確にすることができます。さらに、Googleやマイクロソフトのような大企業のコーチングプログラムの成功事例や、学術論文で提案されている新しいROI計測モデルを参考にすることで、より効果的なコーチングのROI計測が可能となります。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!