WELLBEING MAGAZINE

世界のリーダーが実践するコーチングによるキャリアデザイン

コラム

記事掲載日:2023年7月6日 
最終更新日:2023年7月19日

コーチングとキャリアデザインの重要性

21世紀のキャリアデザイン

21世紀は、テクノロジーの発展、グローバリゼーション、そして急速な社会変化が特徴です。これらの環境下で、従来のキャリアデザイン、つまり、一つの職種または一つの企業に長く就くという形は、必ずしも最適とは言えません。それどころか、キャリアの選択肢は多様化し、個々人のスキルや興味、価値観によって、そのキャリアパスは大きく異なるものとなっています。

こうした現代のキャリアデザインでは、自分自身の能力や価値を理解し、それを社会のニーズとマッチさせる能力が求められます。これは、自己理解と市場理解、そしてその両者を結びつける戦略的思考を必要とします。このプロセスを支援し、効果的に進めるための手段として、コーチングが重要な役割を果たします。

コーチングがもたらすインパクト

コーチングは、人々が自己理解を深め、自己効力感を強化し、具体的な行動計画を立て、その実行を支援する方法です。これは、個々のキャリアデザインにおいて、非常に重要なプロセスです。

具体的には、コーチングは以下のようなインパクトをもたらします。一つ目は、自己理解の深化です。コーチングを通じて、自分自身の強みや弱み、価値観、目標などを深く理解することができます。二つ目は、目標設定と行動計画の策定です。自己理解に基づいて、具体的なキャリア目標を設定し、それを達成するための行動計画を策定します。三つ目は、行動の実行と継続です。コーチは、クライアントが行動計画を実行し、継続するための支援をします。これにより、キャリアデザインの達成確率が大幅に向上します。

リーダーシップの新たな形

また、21世紀のリーダーシップにおいても、コーチングは重要な役割を果たします。従来のリーダーシップは、指示と命令によるトップダウン型の管理が中心でした。しかし、現代の組織では、多様なバックグラウンドを持つメンバーがチームで協力し、創造的な問題解決を行うことが求められています。このような状況では、リーダーはメンバー一人ひとりの能力を最大限に引き出し、自主性と創造性を促す役割を果たす必要があります。その手段の一つとして、コーチングが活用されています。

リーダーによるコーチングは、メンバーの自己理解を深め、個々の能力と目標を明確にし、それを組織の目標に結びつけることを可能にします。これにより、メンバー一人ひとりが自己実現を達成しながら、組織全体としても高いパフォーマンスを発揮することが可能になります。

具体的には、リーダーは、メンバーとのコーチングセッションを通じて、以下のような活動を行います。

  1. メンバーの自己理解を深める:メンバーの強み、弱み、興味、価値観などを探り、それをメンバー自身に理解させます。
  2. 目標設定と行動計画の策定を支援する:メンバーの自己理解に基づいて、具体的なキャリア目標を設定し、それを達成するための行動計画を策定します。
  3. 行動の実行と継続を支援する:行動計画に基づいて行動を開始し、その継続を支援します。

リーダーによるコーチングは、メンバーの能力とモチベーションを引き出し、組織の目標達成に寄与します。これは、21世紀のリーダーシップの新たな形とも言えます。

コーチングによるキャリアデザインの方法

現代社会においては、終身雇用の崩壊と共に、自己主導的なキャリアデザインの重要性が増しています。その一方で、キャリアパスは多様化し、自身のスキルや価値観に基づいた適切な方向性を見つけるのは容易ではありません。そこで、自己理解を深め、適切な目標設定とスキルの開発を支援するコーチングが注目されています。

スキルの見つけ方と磨き方

まずは自身のスキルを見つけることから始めます。これは自己理解の一環であり、コーチングではここに大きな重きを置きます。強みや弱み、得意なことや苦手なことを把握することで、自分自身の可能性や限界を理解することができます。また、自己の興味や価値観を知ることで、自身がどのような環境や役割で最もパフォーマンスを発揮できるかを探ることができます。

スキルの磨き方については、具体的な目標設定とアクションプランの作成が重要となります。自己理解を基にした目標設定は、自己の成長と向上を促すための強力なモチベーションとなります。その目標に向かって効率的にスキルを磨くためには、SMART(Specific、Measurable、Achievable、Relevant、Time-bound)に基づいた目標設定・アクションプランの作成が推奨されます。

自己理解と目標設定

自己理解と目標設定は、キャリアデザインにおいて中心的な役割を果たします。自己理解を深めるためには、自己反省の時間を設け、自身の感情や行動、価値観を探ることが重要です。また、他者からのフィードバックや、専門家による評価・診断も有用です。

自己理解に基づいた目標設定は、自身のキャリアを自己主導的にデザインする上で不可欠です。これには、自身の価値観や目指す生活スタイル、キャリアを俯瞰的に観察する必要があります。

フィードバックの活用方法

フィードバックは自己理解とスキル開発の両方を促進する重要なツールです。特に、コーチからのフィードバックは、自己視点では気づきにくい視点を提供し、新たな自己認識や洞察を得る機会となります。しかし、フィードバックを受け取るためには、自身の感情をコントロールし、開かれた心で批評を受け入れる柔軟性が必要です。

また、フィードバックを効果的に活用するためには、受け取った情報を具体的な行動に変換することが重要です。これには、フィードバックを基にした具体的な行動計画の作成と、その実行・評価のサイクルが必要です。これにより、自己改善のプロセスが促進され、持続的な成長が可能となります。

フィードバックは他者とのコミュニケーションの一環でもあります。他者との関係性を深め、相互理解を促進することで、更なる自己開示や深い人間関係の構築につながります。これはリーダーシップの育成にも寄与し、組織全体の成長にも繋がるのです。

以上のことから、コーチングを通じたキャリアデザインは、自己理解と目標設定を深め、自己のスキルを見つけて磨き、他者からのフィードバックを活用して自己改善を促進することで、次世代のリーダーを育成する有効な手段であることがわかります。このようにして、コーチングは個々の成長だけでなく、組織全体の成長にも大いに貢献するのです。

コーチングによるリーダー育成の成功例

海外の事例:IBMとエリクソン

リーダー育成の最前線で、コーチングの力を最大限に活用している企業があります。その代表格として、IBMとエリクソンの取り組みを紹介します。

まず、IBMは、自社の人材開発とリーダーシップ育成にコーチングを取り入れています。デジタルトランスフォーメーションの途中であるIBMは、コーチングを通じて新たなリーダーを育成し、それぞれのスキルを高めています。彼らが実施しているコーチングは、従業員一人ひとりの特性を尊重しながらも、組織全体の成長と成功を目指しています。

IBMは、自社内でのコーチングプログラムを通じて、組織全体のエンゲージメントと生産性を高めています。コーチングが導入されてから、リーダーたちは従業員のパフォーマンスに対する新たな視点を得ることができ、自身のリーダーシップスキルをより深く理解し、それを活用することができるようになりました。

エリクソンもまた、企業全体でコーチングを活用しています。特にリーダーシップの育成とスキルアップに重きを置き、継続的な学習と成長を支援しています。エリクソンでは、コーチングを通じてリーダーシップを強化し、組織全体の競争力を高めています。その結果、イノベーションが加速し、組織全体の満足度が向上しました。

コーチングがもたらす成果と数値

こうした企業の具体的な成果は、各企業が公表しているデータによって裏付けられています。たとえば、IBMの報告によれば、コーチングの導入により、従業員のエンゲージメントスコアが大幅に向上したとされています。エンゲージメントが高まると、生産性が上がり、顧客満足度が向上することが広く認識されています。

また、エリクソンは、コーチングがイノベーションと組織全体の満足度の向上に寄与していると報告しています。彼らのデータによれば、コーチングの導入以来、イノベーションのペースが加速し、社員のモチベーションとエンゲージメントが大幅に向上しました。これは、リーダーの役割が、従業員一人ひとりを支援し、能力を最大限に引き出す方向に変化したことが大きく影響しています。

一般的に、コーチングが組織にもたらす成果には以下のようなものがあります:

  1. リーダーシップの向上: コーチングはリーダー自身の自己認識を深め、自身の行動が他者に与える影響を理解させます。これにより、リーダーはより効果的なコミュニケーションと組織のマネジメントが可能となります。
  2. パフォーマンスの向上: パーソナルコーチングは個々のパフォーマンスの向上に直結します。従業員が自己認識を深め、自己の強みと弱みを理解することで、より良いパフォーマンスを発揮できます。
  3. エンゲージメントの向上: コーチングは従業員が自分の仕事に対する意義と目的を見つけるのを助けます。これにより、従業員のエンゲージメントと満足度が向上し、離職率の低下にも寄与します。

これらの成果は、多くの研究でも確認されています。例えば、SHRMの調査によれば、企業がコーチングを提供することで、離職率が14%低下し、生産性が13%向上すると報告されています。

コーチングの取り組みが、組織のパフォーマンス、従業員の満足度、生産性向上に大いに寄与することは明らかです。それぞれの組織が自身のニーズに合わせた方法で、コーチングを取り入れることにより、新たな時代のリーダーシップ育成が可能となります。

コーチングによるキャリアデザインの将来

コーチングの普及とその理由

近年、企業の中でコーチングが急速に広がっている背景には、働き方やキャリアの考え方が大きく変化しているからです。ミレニアル世代やZ世代といった若い世代は、自己実現を重視し、自分のキャリアを自己責任でデザインする考え方が強くあります

彼らは、企業に求めるものも変わり、単なる安定した職場だけでなく、自己成長やスキルアップの機会を提供する場としての役割を期待しています。そのため、企業は従業員のキャリアデザインを支援するため、また、社員のエンゲージメントやロイヤルティを維持するために、コーチングを導入しています。

さらに、ダイバーシティ&インクルージョンの観点からも、コーチングは有効な手段となります。様々なバックグラウンドを持つ従業員がそれぞれの能力を最大限に発揮できるように、個々のニーズに対応した支援が求められます。コーチングはその一助となり、組織全体のパフォーマンス向上につながります。

コーチングによる持続可能な成果

コーチングによる効果は一時的なものではありません。コーチングは個々の自己認識を深めるため、その成果は継続的に表れます。自分自身を理解し、自己の価値観や強みを見つけることで、自身のキャリアをより有意義で、満足度の高いものにすることができます。また、自分自身の弱点や改善点を認識し、それをどのように改善するかを学ぶことで、自己成長を続けることができます。

コーチングによる学びは、他者との関係性の構築や、更なるリーダーシップの発揮にもつながります。自己の価値観や行動パターンを理解し、他者との違いを尊重することで、他者とより深いレベルでのコミュニケーションが可能となります。また、自身の強みや弱点を理解し、それを認めて活用することで、より良いリーダーシップを発揮することができます。

一方、企業の観点から見ても、コーチングは持続可能な成果をもたらします。コーチングを通じてリーダーシップやコミュニケーション能力を向上させたリーダーは、そのスキルを日々の業務に活かすことで、組織全体のパフォーマンス向上に貢献します。また、コーチングによりエンゲージメントの高い従業員を育成することで、離職率の低下や生産性の向上といった長期的な成果を得ることができます。

まとめ

コーチングは、個々のキャリアデザインを支援し、組織全体のパフォーマンス向上に寄与する強力な手段です。コーチングを通じて、個々の自己認識を深め、自己の強みと弱点を理解し、それを活用することで、個々のパフォーマンスと組織全体のパフォーマンスの向上が可能となります。

IBMやエリクソンのような企業は、このコーチングの力を最大限に活用し、リーダーシップの新たな形を創造しています。これらの事例から、コーチングがもたらす成果とその効果は明らかです。コーチングは今後、より多くの企業で導入され、キャリアデザインやリーダーシップ育成の重要な手段となるでしょう。

今の時代、働き方やキャリアの形は多様化しています。コーチングはその多様性を包摂し、個々の成長を支援することで、次世代のリーダー育成に貢献します。コーチングによるキャリアデザインは、自己実現と組織の成功を両立する道筋となるでしょう。

ALL FOR COACHESでは、コーチが実践に役立てることにできる最新のトレンドや先行研究についても発信していきますので、ご興味ある方はLINE登録をして最新情報を見逃さないように!